2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

日記リンク

無料ブログはココログ

CD&本 購入の記録メモ

建築知識 7月号

Ken201707

特集は『ZEHのあらゆる矛盾を解消!
     ゼロエネルギー・ハウス完全対応マニュアル』


2020年には、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が新築住宅の
標準レベルになります。
これは国の制作目標であり、2020年以降はさらに厳しい基準が課されることも
考えられます。

そこで本特集では、ZEHと建築物省エネ・長期優良住宅・フラット35S・瑕疵担保の
各制度を横断しながら従来の住宅との差を整理し、分かりやすく解説します。

さらに、ZEHレベルはもちろん、それ以上の性能を担保しつつデザイン性も高い事例を
集め、部位ごとに写真。図面を交えて丁寧に解説。

ZEHに対して、高性能住宅に対して感じていたイメージが180°変わる
超実践マニュアルです! !

Casa BRUTUS 7月号

Casa201707


特集は
HAPPY KITCHEN
楽しいキッチン

いま、暮らしの中心はキッチンです。家族との団欒、ホームパーティ、自分の時間‥‥。気がつけば生活の中心はキッチンという人が増えています。いま最先端のライフスタイルはキッチンからはじまるのです。そんな楽しいキッチンのつくり方を徹底取材!


Casa BRUTUS 6月号

Casa201706

特集は
インテリアを変えるアイデア集
リノベーション・スタイルブック

建築知識 5月号

Ken201705


特集は
群発地震に強い木造住宅パーフェクトマニュアル

日本中に衝撃が走った、あの熊本地震からはや1年。地震大国である日本の建築実務者にとって、地震対策は避けられない課題です。大地震が立て続けに襲ってきても住み続けられる家をつくる方法を、Q&A方式で、地震・構造・施工のスペシャリストたちが解説します。 ■目次 ・住み続けられる家とは  群発地震が襲ってきても住み続けられる木造住宅のつくり方とは? ・過去の大地震  過去の大地震の教訓は基準法にどのように生かされているのか?  過去にあった大地震は基準法の想定内だったのか? ・建築基準法  基準法の壁量計算は耐震等級や構造計算とどう異なるのか?  地震による倒壊事例が少ない2×4工法は軸組構法よりも優れているのか? ・熊本地震の特徴  熊本地震における住宅の被害の特徴から学ぶべき教訓は?  熊本地震被災地の地質・地形学的な特徴とは? ・地盤・基礎  日本の住宅地の地震の特徴とは?  地盤情報の入手方法は?  木造住宅の地盤調査はSWS試験で十分なのか?  地盤補強工事は何を基準にしてどう選べばよいか  住宅の基礎にはどんな種類があるのか? ・構造計画  耐震等級3を取得するにはどのような項目を検討すべきなのか?  仕様規定と耐震等級3では存在壁量に含められる壁が異なるのか?  開口部を安全に大きく設けるために気をつけるポイントは?  直下率が低いと木造住宅は倒壊してしまうのか?  瓦屋根は重いから使うと危険というのは本当か?  下屋をつくるとき下屋側の水平構面はどの部分で考えればよいか?  耐震等級3では吹抜け・スキップフロア・勾配天井はできないのか?

・構造材
 筋かい耐力壁・面材耐力壁と床水平構面の設計のポイントは?
 隅柱は通し柱と管柱のどちらを採用すべきなのか?
 筋かいに強度をもたせるためのポイントは?
 筋かいの座屈を効果的に防ぐ具体的な手段とは?
 構造用合板耐力壁が高い性能を発揮する釘の選び方と施工方法とは?
・金物
 筋かい金物との干渉を考慮した柱頭・柱脚金物の選び方・納め方とは?
 ホールダウン金物の正しい選び方・納め方とは?
・屋根・外装材
 群発地震が起きても崩壊しない屋根にするにはどうすればよいのか?
 モルタル外壁は本当に大地震に弱いのか?
・設備
 設備の取り付けはメーカー仕様のとおりで大丈夫なのか?
・耐震・制振・免震
 耐震・制振・免震は何が違うのか?選び方のポイントは?
 制振・免震の装置にはどのような種類があるのか?
 制振・免震を採用する際の設計のポイントや注意すべき点は?
・施工
 耐震等級3を基準に基礎を設計すれば地震対策は万全か?
 建方時に留意すべき軸組の仕様・施工上のポイントは?
 建方後の現場ではどのような点に着目して現場監理をすればよいのか?
 大地震の揺れに負けない丈夫な屋根の施工ポイントは?
 大地震でもクラックなどの欠損が生じにくい丈夫な外壁をつくるには?

オートメカニック 5月号

隔月刊になって買うの忘れてた(^^;

Casa BRUTUS特別編集 世界のベストミュージアム

Casa2017s03


THE VERY BEST OF MUSEUMS
世界のベストミュージアム

建築の最先端は、ミュージアム建築にあり。 カーサは創刊号からずっと、刺激的なミュージアムを追いかけ続けてきました。 中でも最高傑作はどれだ?  建築、コレクション、企画展などさまざまな視点から、 何度も訪れたいミュージアムを国内から66件、海外から73件厳選しました。

Casa BRUTUS 5月号

Casa201704


特集は 世界のベストリゾート2017

建築知識 4月号

Ken201704

特集は
美しい部屋づくり140のルール

「神は細部に宿る」と表現されるように、空間全体の美しさは素材の組み合わせとその納め方によって決まります。そこで本特集では、実力派設計者たちのディテールを徹底比較。美しい部屋づくりの極意を解き明かします。部屋別に写真と詳細図を比較することにより長年の知識・経験に基づく納まりが空間にどのような差異をもたらすのか、一目で分かります。

■目次
・美しい部屋づくり 140のルール

・第1章 LDK
 1階リビングの掃出し窓で内外をつなげる
 腰窓とベンチで緩やかに外部とつなぐ
 窓の位置を工夫して光と風を室内に導く
 室内と一体で使えるバルコニーをつくる
 吹抜けに面する壁は意匠と安全性を両立させる
 内部開口部は意匠と機能性を両立させる
 ダイニングと適度な距離を保つキッチンカウンターをつくる
 ダイニングと一体で使えるキッチンカウンターをつくる
 レンジフードは空間のデザインを壊さないように設える
 キッチンの窓は目的を明確にして設える
・第2章 和室
 小上りの高さは使い勝手に応じて決める
 隣り合うLDKと和室をフラットにつなぐ
 移動空間(廊下・玄関)と和室を上手につなぐ
 和の拡張を高める地窓をつくる
 掃出し窓・腰窓は視線の抜けを意識する
 モダンな住宅にも馴染む床の間を設える
・第3章 水廻り
 在来工法の浴室で素材や開口を自由に設ける
 ハーフユニットバスを使って2階の浴室を木で仕上げる
 浴室の出入口は洗面室への漏水対策を万全にする
 透過材の間仕切壁で洗面室に開放感と光をもたらす
 浴室の開口部はプライバシーと開放感を両立させる
 洗面台は使い勝手よくシンプルにつくる
 階段下のスペースをトイレに活用する
 暗くなりがちなトイレに自然光を採りこむ
 トイレ収納は空間を立体的に考える
・第4章 階段
 ささら桁階段は軽やかな印象に見せる
 力桁階段は構造を強調する
 側桁階段は開放感を生かす
 螺旋階段は木でもつくれる
 箱階段で空間を無駄なく使いきる
 片持ち階段で上階の光を下階に届ける
・第5章 玄関
 建物の顔となる玄関扉に設えにこだわる
 上がり框が玄関の個性を決める
 圧迫感のない玄関収納をつくる
 玄関に必須の要素を美しく納める

Casa BRUTUS 4月号

Casa201703


特集は デザインのいい家電

建築知識 3月号

Ken201703

特集は
成功するリノベの法則


年々需要が増え続けるリノベーション。
しかし、実際に行うとなると、新築とはまた異なる経験と知識が必要です。
そこで本特集では、リノベの依頼を初めて受ける設計者でもスムーズに
進められるよう、リノベに必要な知識と技術を一から分かりやすく解説します。
コスト・性能の最新事情はもちろん、意外と知らない事前調査のポイントや
その後の段取り、知っていれば必ず役立つリノベならではの設計手法まで
リノベを攻略するために知っておきたいことがぎっしり詰まった特集。

■目次
・基礎編
 リノベーションする前に知っておくべき基礎知識
・事前調査編
 リノベーションの基本的な段取り
 建築主との認識の共有がヒアリングのカギ
 建築主にアドバイスしたいリノベの資金調達
 リノベはどこにお金がかかる?どこを調整すべき?
 リノベーションの減税制度を上手に利用する
 確認申請の要・不要は規模や種類で判断 ほか
・現地調査編
 戸建ての現地調査は現況を細かく把握する
 マンションの現地調査は工事範囲を把握
 現地調査における設備機器のチェックポイント
 築年数で改修箇所をあらかじめ推察
 近隣対策は事前の挨拶と工事中の配慮がキモ
・解体工事編
 解体範囲図で解体工事の現場を円滑に進める
 解体工事前に躯体の腐朽の有無を推定する
 戸建ての解体現場では構造材を確認する
 マンション解体現場では躯体状況を確認
・性能アップ編
 ヒアリングなどでの問題点の把握が耐震改修の要
 マンションリノベは床の遮音対策が必須
 開口部の熱損失対策で断熱性能を上げる
 マンションの断熱改修は区画配置で変わる
 木造戸建住宅の断熱改修は気流止めがキモ
 換気・通風が住宅の快適を左右する
・テクニック編
 仕上げの工夫で明るくしたい!
 構造上の制約を逆手に取り広く見せる
 リノベーションならではの床面積の稼ぎ方
 玄関は収納量・明るさ・開放感をアップさせる
 意匠+機能を高める配管経路で魅力的なキッチンに
 浴室を動かすなら大胆かつ効果的な場所を狙う
 狭いトイレも工夫次第で魅力的に ほか

Casa BRUTUS 3月号

Casa201703

特集は

Casa BRUTUS GENERAL STORE 2017
美しい日用品ネットストア開店!

より以前の記事一覧