2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日記リンク

無料ブログはココログ

CD&本 購入の記録メモ

建築知識 8月号

Ken201808

特集は
成功する耐震改修たった一つの法則

既存住宅を耐震改修べきとの需要が、日に日に高まりつつあります。 今年6月18日に起きた大阪北部地震は、また私たちの暮らしに不安と衝撃を与えました。 地震大国の日本で住宅の建築に携わる者にとって 耐震性能の向上は、避けて通れない課題といえるでしょう。 震度6強以上の大地震に耐えうる改修を施すには、 耐震診断ソフトや上部構造評点の数値に頼るだけでなく、 正しく建物を診断し、最適な箇所を補強することが求められます。 そこで本特集では、架構にかかる力のメカニズムから 診断方法、補助金申請、補強軸組図の描き方まで勘所を徹底的に解説。 住宅に関わるすべての実務者が知っておきたいマニュアルの決定版です。

Casa BRUTUS 8月号

Casa201808

特集は
瀬戸内シティガイド
SETOUCHI CITY GUIDE

建築、アート、ローカルフードを巡る夏の旅。 直島のアートサイトや芸術祭で注目を集めた瀬戸内エリアは、 名作建築、美術館、そしてローカルフードの宝庫であり、 いまや世界中の人たちの憧れの旅先となっています。 夏の眩しい日差しが似合う瀬戸内海の旅を満喫する秘訣は、 香川、岡山、愛媛、広島を寄り道しながら回遊すること。 瀬戸内をひとつの文化圏として捉えた新しいシティガイドです。

・一筆書きの瀬戸内案内。
・直島・豊島・犬島、アートの旅。
・直島、豊島、犬島を2泊3日で攻略。
・モネの「睡蓮」を訪ねる。
・街に息づく巨匠たち。
・ちょっと遠いうどんが、一番おいしい。
・ぼくの瀬戸内案内。文・岡本 仁 写真・濱田英明
(香川編、岡山編、愛媛編、広島編)
・渋い建築ツアー。
・眼福と満腹の美術館めぐり。
・街に一軒、常連になりたい店。
・街を歩けば出会える、路上アート。
・しまなみ海道3DAYSホッピング。
・旅は腹が減るし喉も渇く。
・くるみの木・石村由起子が選ぶ瀬戸内みやげ。
・帰り道は、寝台列車で。

●SPECIAL EDITION
朝吹真理子
掌編小説「彼女と」

Regulars
●ホンマタカシ/トーキョー ニュースケープス 渋谷駅の再開発
●Window on the World
・ロンドン:メキシコ人建築家のパビリオン。
・香港:元公共施設のカルチャーセンター。
●長山智美 デザイン狩人/カイピアイネンのファブリック。
●レストラン予報/目黒 Cellar Fete
●櫻井翔のケンチクを学ぶ旅。/私たちの家
●A Wall Newspaper
・ヴェネチアビエンナーレ建築展。
・巨大な"CD"の壁が出現! 信藤三雄レトロスペクティブ。
●In & Out Doors
・ニューヨーク:ジョージア・オキーフ:ハワイのヴィジョン
・バルセロナ:ピカソのキッチン展
●ソニア パークの守りたいもの、伝えたいもの。
・ソフティガールのストールとラフィアバッグ

建築知識 7月号

Ken201807


特集は
人生で一度はやってみたい雑木の庭づくり

「せっかく住宅を建てるなら、植栽にもこだわりたい! 」という建築主が増えています。 なかでも自然な樹形を生かした雑木の庭が人気です。 この雑木の庭のよさは見栄えだけでなく、住環境をよくできる点にもあります。 また、近隣が建て込んだあまり日が当たらない敷地であっても、植栽をあきらめてはいけません。 実は日陰の庭のほうが、植栽の庭には適しているのです。 本特集では、基礎知識から事例まで、第一線で活躍する造園家をはじめとした植栽のプロが、雑木の庭の植栽テクニックを徹底解説。 植栽にまつわるキホン、日陰の庭のパターン別植栽計画、場所別・方位別の植栽事例、インナーグリーン(屋内緑化)など、今すぐ設計に生かせること間違いなしの一冊です!

目次
はじめに
現場の施工手順
植栽のキホン
植栽計画
場所別植栽
屋内植栽
資料編

オートメカニック 7月号

Casa BRUTUS 7月号

Casa201807_2

特集は
行列のできるうつわ作家
NEW WAVE OF JAPANESE POTTERY

今知りたい50人のうつわ作家・最新カタログ。 人気陶芸家の個展には、朝早くから長い列ができています。 そんな注目すべきうつわ作家50人を紹介します。 それぞれの工房を訪ねて、並んででも買いたくなる うつわの魅力と制作の背景となる豊かなライフスタイルを取材。 お気に入りの作家と、長く使いたいうつわに出会ってみませんか?

●行列のできるうつわ作家

・古今東西 かしゆか商店〈特別版〉
Perfume・かしゆかが、並んででも買いたくなったうつわとは?
・抗いがたい美しさをもつ黒の漆。杉田明彦〈漆/金沢〉
・極限までそぎ落としたラインの美。大谷哲也〈磁器/信楽〉
・笠間での暮らしから生まれ、世界へ。 額賀章夫〈陶器/笠間〉
・木の強さ、木でつくられるべき形を求めて。 富井貴志〈木工/新潟〉
・土の美しさを生かす、誠実なうつわ。 二階堂明弘〈陶器/千葉〉
・モダンの背景に唐津焼のスピリット。 中里花子〈陶器/唐津〉
・ソーダ釉でつくる瑠璃色のうつわ。 十場天伸〈陶器/神戸〉
・日本のガラス。触りたくなるコップ。 石川昌浩 〈ガラス/岡山〉
・自由で大胆。のびやかな曲線。 齊藤十郎〈スリップウェア/静岡〉
・圧倒的な品格を持つウッドボウル。 盛永省治〈木工/鹿児島〉
・シンプルな暮らしに合う、心地よいかたち。 郡司庸久〈陶器/益子〉
・薪の窯で焼いた、「おいしさを誘う」白磁。 中本純也〈磁器/和歌山〉
・古ガラスにならい、想いを込める。 小澄正雄〈ガラス/岐阜〉
・時の経過を感じさせる趣と手触り。 伊藤環〈陶器/岡山〉
●今注目の、うつわ作家35人。
岡 晋吾〈磁器〉
船串篤司〈陶器〉 吉田次朗〈陶磁器〉 西川聡〈陶器〉 吉田直嗣〈陶磁器〉 伊藤聡信〈陶磁器〉 余宮隆〈陶器〉
安齋新・厚子〈磁器〉 堀 仁憲〈陶器〉 小澤基晴〈陶器〉 大渕由香利〈陶器〉 一柳京子〈陶器〉 生形由香〈陶器〉 中園晋作〈陶器〉 福岡彩子〈陶器〉 芦田尚美〈磁器〉 宮城壮一郎〈漆〉 郡司慶子〈陶磁器〉 八田 亨〈陶器〉 安齊賢太〈陶器〉
田澤 祐介〈木工・漆〉
鎌田克慈〈漆〉
木漆工とけし〈木工・漆〉 さこうゆうこ〈ガラス〉 おおやぶみよ〈ガラス〉 木下 宝〈ガラス〉 艸田正樹〈ガラス〉 坂野友紀〈金工〉 有永浩太〈ガラス〉 金森正起〈金属〉 紀平佳丈〈木工〉 須田二郎〈木工〉 藤本 健〈木工〉 渡邊浩幸〈木工〉 五十嵐裕貴〈木工〉

●ミラノサローネ2018報告
・年に一度、ミラノの国際家具見本市で4人のジャーナリストが見つけたものは?
Regulars
●Window on the World
●News! on Your Fridge デザイン、ファッション、家具、食、建築etc.の最新ニュース。
●長山智美 デザイン狩人
●レストラン予報
●ホンマタカシ トーキョー ニュースケープス
●祐真朋樹 Miracle Closet
●櫻井翔のケンチクを学ぶ旅。
●A Wall Newspaper
●in & Out Doors
●ほしよりこ カーサの猫村さん
●ソニア パークの守りたいもの、伝えたいもの。
●Chill CARS
●Life@Pet


建築知識 6月号

Ken201806

特集は
暮らしのプロが教える最高の家づくり

構造や照明、造園など、その道のプロに委ねられるようになったのと同じく、 これからは「暮らしのプロ」に家のあり方や暮らし方を学ぶ時代です!

竣工直後だけでなく、1年後、5年後、10年後、その先まで住まい手が大満足できる家をつくるには、
まずは住まい手のライフスタイルを十分に把握することが重要です。
さらに、今必要としていることを形にするだけでなく、将来起こりうる問題を予測し、
その解決方法まで提案し、設計に生かすことが、設計者の役目です。

本特集では、洗濯専門家や美容家、ライフオーガナイザー、モンテッソーリ教員、経済評論家など
傑出した専門性をもつ「暮らしのプロ」たちが、よりよい暮らし方のコツと、
そのために必要な住宅の設えを豊富なイラストとともに徹底解説します。

設計者だけでなく、「これから家を建てたい」と考えている方はもちろん、
「家をリノベーションしたい」「模様替えしたい」「DIYしたい」「模様替えしたい」「より充実した暮らしがしたい」
と考えている方にも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

■著者一覧◆

「洗濯のプロ」中村祐一
「炊事のプロ」岸本恵理子
「炊事のプロ」山本千織
「お酒のプロ」岸 久
「収納のプロ」吉本とも子
「掃除のプロ」ミッシェル・ホームサービス
「入浴のプロ」早坂信哉
「美容のプロ」佐伯チズ
「トイレのプロ」加藤篤
「教育のプロ」三浦直樹
「家事・子育てのプロ」辰巳渚
「介護のプロ」三好春樹
「革靴のプロ」山口千尋
「写真のプロ」ヤノミサエ
「車のプロ」廣部剛司
「観葉植物のプロ」杉澤康平
「経済のプロ」山崎元
「お金のプロ」淡河範明

Casa BRUTUS 6月号

Casa201806


特集は
猫村さんとほしよりこ


猫村さんの世界が現実に飛び出す!?
大人気マンガ連載『カーサの猫村さん』が、今号で第100回を迎えます。
それを記念して、猫村さんが豪華クリエイター陣とコラボレーション。
オリジナルの茶室を作りました。題して、夢の「ネコムーランド」計画!
さらに、作者・ほしよりこの新作や単行本未収録作も収録。
「手塚治虫文化賞」受賞でさらなる注目を集める、
ほしワールドをたっぷり堪能できる一冊です!

●カーサの猫村さん 連載第100回
●夢のネコムーランド計画。猫村さんが茶室をつくりました。
  長坂常/ルイ・ヴィトン/ミナ ペルホネン/AMETSUCHI/
  マル二木工/メディコム・トイ/YAECA
  01 Jo Nagasaki×Neco【茶室】
  02 LOUIS VUITTON×Neco【茶箱】
  03 minä perhonen×Neco【帛紗】
  04 AMETSUCHI×Neco【茶碗】
  05 MARUNI×Neco【猫村椅子】
  06 MEDICOM TOY×Neco【フィギュア】
  07 YAECA×Neco【エプロン】
●『きょうの猫村さん』と『カーサの猫村さん』。
●ほしよりこインタビュー。
●石田ゆり子×角田光代対談 私たちの好きな猫村さん。
●岡村靖幸が語る、ほしよりこの魅力。
●ほしよりこ作品をより深く楽しむキーワード。
●ほしよりこ100ページ
 01 犬井けん
 02 拝啓、お母さま
 03 ツバメ日和
 04 B&D
 05 ガーデンウェディング
 06 ばるぼら
 07 バーの話
 08 団地妻の喜び
 09 ベビー
 10 晩餐会のものとこと
 11 寅多ティティ

建築知識 5月号

Ken201805

特集は
プロが秘密にしたがる小さな家の贅沢な工夫

今、多くの人が“小さな家”での暮らしに魅力を感じています。 空間がコンパクトにまとめられた小さな家には、 そこでしか味わえない落ち着きと快適さがあります。

もちろん、ただ単に部屋を狭くするだけでは、
窮屈で暮らしにくい家なってしまいます。
必要最小限の広さで心地よく暮らすためには、
これまで当たり前だった設計の無駄を見つめ直し、
その無駄を解消するさまざまな工夫が必要です。

本特集では、延床面積25坪以下の小住宅を数多く手掛けてきた
“小さな家のプロ”たちを徹底取材!
本当は秘密にしておきたかった設計の秘訣を大公開します!

 ・空間の無駄をなくすプランニング
  →玄関とリビングを一体化させる
  →階段室の吹抜けとリビングの吹抜けを兼ねる
  →階段を家の中心に置いて廊下をなくす
  →玄関を外に出す
  →リビングと寝室を畳敷きにすれば客間を省略できる
 ・部屋に広がり感じさせる方法
  →吹抜け・窓・勾配天井で視線の抜けと明るさを確保する
  →敷地の余白にデッキを設けてリビングとつなげる
  →小さな庭で建物を挟む
 ・限られたスペースに必要な機能をまとめるテクニック
  →スキップフロアの床下を駐輪場にする
  →キッチン作業台とダイニングテーブルをつなげる
  →廊下や階段を室内物干し場に活用する
 ・快適で使いやすい空間の最小寸法
  →子ども室の広さは3畳で十分
  →トイレの最小は910×1500㎜
  →キッチンの通路幅は700㎜でも大丈夫
 ・知っておくと役に立つコスト・構造・現場監理・設備・家具設計の知識
  →家をワンルームにすればエアコン1台で全館冷暖房できる
  →メンテナンス費用や構造の安全性を考慮すると小さな平屋は賢い選択!?
  →直径1,200㎜の円卓ならダイニングの広さは4.5畳で十分
  →小さな家に適した照明は「建築化照明」と「ダウンライト」
  などなど……
小さな家の魅力が一気に高まる贅沢な工夫を、
ぜひ取り入れてみてください。

オートメカニック 5月号

Casa BRUTUS 5月号

Casa201805

特集は
デザインのいい仕事場。
WORK IS FUN!

仕事、はかどってますか? いいアイデアが出ないのは、 ワーキングスペースのデザインが悪いからかもしれません。 アメリカ西海岸の先進的な企業から日本のスマートな会社まで、 いい仕事をするための最高のオフィス環境を取材。 働く場所も自由に選べるこれからの時代に、 それでも集まりたくなる未来の仕事場のカタチを紹介します。

建築知識 4月号

Ken201804

特集は
最高の料理家が教える
料理がうまくなる家づくり

日々の不満を解決して、料理がうまくなる家をつくろう!

メニューのよいアイデアが思いつかない、調理に手間がかかりすぎる
毎日キッチンに立つのが面倒など、調理や食事に悩みをもつ人は少なくありません。
キッチンやダイニングは、住宅設計において重要なポイントだと言われていますが、
本当に毎日調理する人の立場に寄り添って、考えぬかれているのでしょうか?

そこで本特集では、最高の料理研究家たちに徹底取材。
快適なキッチンの配置や環境、効率的な動線計画やキッチンの設え、
理想的な収納、居心地のよいダイニング空間など、
料理の腕がみるみる上がって、毎日の食事が楽しくなる設計術を伝授します!

さらに家庭菜園やワイン、うつわを楽しむためのノウハウも、
各分野のエキスパートに細かく取材。
毎日の料理がうまくなる家のつくり方を大公開します!


■目次■
巻頭|日々の不満を解決して、料理がうまくなる家をつくろう!
第1章|最適な調理環境を実現するキッチンのつくり方
第2章|見栄えや作業効率を上げる収納の考え方
第3章|食事を最大限楽しむためのダイニングのつくり方
第4章|家電から設備、調理器具までキッチンの最新資料集成

Casa BRUTUS 4月号

Casa201804


特集は
CAFE & ROASTER
カフェとロースター

進化を続ける日本のカフェ文化は、今、次のフェーズに突入。 コーヒー豆を輸入し焙煎する「ロースター」から、自分好みの味を選んで楽しむ時代になりました。 今一番話題のロースターと、注目すべき全国のカフェ、旅の目的地にしたいところだけ130軒集めました!

より以前の記事一覧