2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記リンク

無料ブログはココログ

« 今日のGoogle | トップページ | 新しい奴がでてたので »

建築知識 2019 10月号

Ken201910

特集は
手描きの匠からアニメーター、グラフィッカーに学ぶ
パースと背景画の最新技術


図面になじみのない相手に、どうすれば設計の魅力を伝えられるのか。
その答えは、線一本一本に魂をこめた、「手描き」です。

「手描き」の魅力は、なんといっても「その場で」「伝えたい情報を強調して」表現できること。
1枚の絵を描いて見せるだけで、設計の意図や建物への理解が深まり、
建築の専門知識をもたない依頼主だけでなく、現場の職人さんとの距離もぐっと縮まります。

とはいえ、手描きに苦手意識を持っていたり、
専門書で勉強はしてみたものの、実際には使いこなせていない...という人も多いのではないでしょうか<? br>
そこで本特集では、建築を描く最先端のプロたちが教える、手描き建築パースの基本とコツを大解剖!

『君の名は。』の背景美術で知られるアーティスト、マテウシュ・ウルバノヴィチ氏をはじめ、
「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」などの美術設定を手がけるアニメーター・谷内優穂氏、
Twitterでの60分お絵描き一本勝負・通称ワンドロの背景ジャンルで人気の高い吉田誠治氏、
銭湯を建築ならではのアイソメ図法で描いて大きな話題となった『銭湯図解』の塩谷歩波氏
100年以上の歴史を受け継ぎ、手描き専門の部署として設立された、日建設計イラストレーションスタジオ
青いペンで描く細密なスケッチ「タナパー」で知られる建築家・田中智之氏
など、今をときめく豪華執筆陣が勢ぞろい!

数々の美しい事例とともに、
「消失点って何」「?坂道はどう描けばいい」?といった透視図法の基本から、
「添景が描けない」「立体的なイラストにならない」といったお悩み解決に加え、
「タッチの使い分け」「手間を減らして密度を上げる方法」など、
プロならではのテクニックも大公開!

さらには和室、洋室などの諸室から、街並みを描くために必要な屋外空間まで網羅した基本寸法や添景の資料集成も収録。

これがあれば、プレゼンから現場まで、すべての場面でコミュニケーション能力が格段にアップすること間違いなし!
キャラクターが活きる背景を描きたい、
風景スケッチが上手くなりたいという方にもおすすめの一冊です。

« 今日のGoogle | トップページ | 新しい奴がでてたので »

CD&本 購入の記録メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日のGoogle | トップページ | 新しい奴がでてたので »