2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日記リンク

無料ブログはココログ

« リオ オリンピック終了 | トップページ | 足場解体前検査 その2 »

オートメカニック 9月号

建築知識 9月号

特集は 住宅スタイルの新潮流!ヴィンテージハウスのつくり方

Ken201609


落ち着きがあって、美しく、ちょっと懐かしい住宅。今、このような新しいスタイルの住宅が建築主に求められています。本特集では、そんな住宅をヴィンテージハウスと称し、日本全国で活躍する実力派設計者たちの設計手法を一挙大公開!「居室」「中間領域」「開口部」「素材」をテーマごとに、ヴィンテージハウスをつくるためのノウハウを、豊富なイラスト、図面と写真で明らかにしていきます。
床レベルの操作で場をつくる方法、適度にほの暗い空間をつくる開口部廻りのデザイン、内部と外部のつなぎ方、素材感の引き立たせ方・・。知りたかった居心地のよい住宅づくりのテクニックが満載です!

■目次
・Part1 居室
 床高の操作でワンルームを仕切る
 凸凹プランでワンルームを仕切る
 床高を操作して場をつくる
 空間に複数の機能をもたせる
 気軽に腰を下ろせる内部開口部をつくる
 床高を操作して空間を広く見せる
 視線の抜けをつくり空間を広く見せる
 壁を活用して空間を広く見せる
 広めの玄関が生活の質を高める
 前面道路と玄関に適度な距離感をとる
 キッチンのつくり方で住み心地をよくする
 落ち着きのある浴室を設える
 トイレの手前には間をつくる
 狭い土地でも緑を積極的に取り入れる
 コートハウスの中庭に植栽を設ける
・Part2 中間領域
 室内に土間空間を設ける
 外部から室内への視線を遮る
 掃出し窓+窓ベンチで室内外をつなぐ
 外と距離をとって室内に落ち着きを与える
・Part3 開口部
 開口部の位置と大きさで採光量を操作する
 開口部廻りの壁面形状で光を操作する
 開口部の位置で見える景色を操作する
 大開口でも外部の視線が気にならない工夫
 窓の役割を分けて考える
 密集地ではハイサイドライトを活用する
 トップライトで室内に光を採り込む
 既成サッシを使いつつも、その存在を隠す
・Part4 素材
 露し天井を美しく見せる
 素材ならではの質感を生かす
 一工夫で素材感を引き立てる
 素材を組み合わせて美しく見せる
 低コストの素材で空間を美しく見せる

« リオ オリンピック終了 | トップページ | 足場解体前検査 その2 »

CD&本 購入の記録メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/997/64118934

この記事へのトラックバック一覧です: :

« リオ オリンピック終了 | トップページ | 足場解体前検査 その2 »