2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日記リンク

無料ブログはココログ

« 台風 13 号 | トップページ | 参った&あせった »

メモ:Melbourne IT からのレジストラ移管

最近メモねたばかりですが・・・・

Melbourne IT からのレジストラ移管に手間取ったのでメモ


メールで送られてくる Registry keyは 認証コードではない

これで何回しても 蹴られました(^_^;

レジストラとドメインによっては認証コードは 

AuthCodeやRegistryKeyやAuthInfoと名前が変わるようです

AuthInfoは初めてでした(Melbourne IT のみ?)

Melbourne IT AuthInfo取得方法
-------------------------------------
レジストリキーのメール本文にあるMelbourne IT のホームページにアクセス

https://www.melbourneit.com.au/maintenance/menu.php

Domain Nameにドメイン名
Melbourne IT Registry Keyにメール記載のRegistry Keyを入力してログイン

Expiriy Date の下にあるメニューの「>> Retrieve Domain Name (authinfo) Password」をクリック

で表示される AuthInfoをメモ
(大文字小文字まで正確に)

-------------------------------------
AuthInfoでレジストラ変更でうまくいくはず

注)手続きしていくと Melbourne ITからメールが着ますが
  それは確認のメールなので 記載されているURLをクリックすると
  キャンセルされますので 注意して下さい


Melbourne IT Limited received notification on 日付-付-年 that you have requested a transfer to another Domain Name registrar.

If you want to proceed with this transfer, you do not need to respond to this message. The Domain Name will then be transferred to the new Registrar automatically upon the lapse of the grace period.

If you wish to REJECT the transfer click on the URL below:

http://www.melbourneit.com.au/ほにゃらら

Please note: If you do not reject within 4 calendar days(inclusive of today) of this email, the transfer will be automatically approved in accordance with ICANN policies.


以下 ほぼ直訳ですが 意味は通るようにしてます(るはず)

メルボルンIT株式会社はあなたが何年何月何日にドメイン移管手続きを その他のレジストラから受け取りました

この転送を続けたいなら、あなたはこのメッセージに応じる必要はありません。
そして、据置期間の過失で自動的に新しいRegistrarにDomain Nameを移すでしょう。

ドメイン移管をリジェクト(拒否:キャンセル)をのぞむなら以下のURLをクリックしてください
http://www.melbourneit.com.au/ほにゃらら


注意) あなたが4日以内(申請した日を含む)もリジェクト(拒否:キャンセルしないと
    ICANN方針により転送は自動的に承認されます

« 台風 13 号 | トップページ | 参った&あせった »

メモ」カテゴリの記事

コメント

相当今更な事ですが、
この情報のおかげで助かりました。

丁度今移管を行ってる最中で、
メルボルンITから変なメールが来て
危うくクリックするところでした。

どうも、ありがとうございました!

お役に立ったようでなによりです

クリックして一回失敗しているのは内緒です(^_^;

読ませていただきました。今私もMelbourne ITからのドメイン移管をしようとしていて‥。すみません、初歩的な質問ですが、(ちょっと切羽つまっていて質問させてください)「レギストリーキーのメール」って、どのようなメールでしょうか?1年前にドメイン更新をした際に送られてきたメール4通を見直したのですが、レジストリーキーが発見できなかったのです‥。お手数ですが教えていただけますか?よろしくお願いいたします。

以下「メモ:Melbourne IT からのレジストラ移管」からの引用です。

-------------------------------------
レジストリキーのメール本文にあるMelbourne IT のホームページにアクセス
https://www.melbourneit.com.au/maintenance/menu.php
Domain Nameにドメイン名
Melbourne IT Registry Keyにメール記載のRegistry Keyを入力してログイン
Expiriy Date の下にあるメニューの「>> Retrieve Domain Name (authinfo) Password」をクリック
で表示される AuthInfoをメモ
(大文字小文字まで正確に)
-------------------------------------

更新時のメールだったような気がしますが


タイトルが
Confirmation of Change of Management for ドメイン名

本文が
Dear Domain Name Licence Holder 
から始まるメールです

daiohさん

返答、ありがとうございます。

私の方にはMelbourne ITから、返答にあった表題メールはきていなくて、メールは「Dear Customer」ではじまっています。‥‥契約内容が異なっているのでしょうか‥。
daiohさんと異なる方法(Registry Keyなしで)でドメイン移管できるのも含め,再度調べてみます。

なんとかしなければ‥‥。

ともあれ、ありがとうございました。

yukiko shikata

助かりました~~

レジストラの老舗「ネットワークソリューションズ(Network Solutions)」からの移管の時も、同じ様な感じでしたね。Auth Codeを取得しないと離脱出来なかったのですが、どこを押せばそれが発行出来るのか、ページのデザインがカッコ良すぎて却って分かりませんでした。Editの所から入ると、ガラリと様子が変わるのに気付くまで、相当掛かりました。今も同じ作りではないかも知れませんが。

ドメインという物がスタートした最初期のままだった為、当時の登録が現担当者に引き継がれておらず、「会社名が抑も違う」と言われ、何度もハネられました。

本来、法人名が入るべき所に、大昔、仮で取得した担当者の名義が入っていた為、それを直さないと、ダメでした。1990年代初頭は、会社のお偉いさんが、ドメインの重要性に気付かず、業を煮やした若手担当者が、個人名で先に押さえておいた、なんて事が結構ありました。その名残だったようです。

ちなみに、メルボルンIT社ですと、NTTコミュニケーションズでドメインを一緒に申し込んだのかな?確か傘下でしたね。NTTコムの。

こちらの情報、とっても参考になりました!
ありがとうございます!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/997/42523529

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:Melbourne IT からのレジストラ移管:

« 台風 13 号 | トップページ | 参った&あせった »