2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

日記リンク

無料ブログはココログ

« 本 | トップページ | 本 »

タイプ別性格判断

タイプ別性格判断 卯さんちより

--------------------------------------------------------------------------------
ESTP型:究極の現実主義者
--------------------------------------------------------------------------------

 ESTP型の典型的なモットーは「まずやってみよ、手引書を読むのは最後でよい」である。この行動派は「いまの瞬間」のために生きている。

手引書を読むのは「いまの瞬間」を遅らさせるだけなので、時間の無駄というわけだ。


 ESTP型は、現実と無関係な理屈には我慢のならない究極の現実主義者である。

もっぱら人と物に関心を注ぎ(E型)、五感で実感できるものを頼りに情報を集め(S型)、その情報を客観的に分析して検討し(T型)、それと同時に、新しい選択肢を進んで柔軟に受け入れることができる(P型)。

この四つの性向があいまって、どんな状況にもすばやく、的確に、客観的に、行動に表して対応できる。


 何もしないでいるよりは、何かしているほうがよい。その行動の結果が出るのは翌日回しでよいとする。

今すぐやって、つけは後で払うタイプだ。
ほかのタイプの人からは「落ち着きがない」とか「異常に活動的」といった不評をかってしまう。

たしかにESTP型は並外れて落ち着きがないと見られがちだ。


 ESTP型は、エネルギーを注いだら、その見返りを求める。

やるだけの価値がないと思ったら、次のことをはじめる。

面白くない本はまず最後まで読み通さない。
つまらない本でも、読み始めた以上、終わりまで読むとか、「ためになる」から読むのは、時間の無駄だと思う。

部屋を片付けるのも、なくした物を捜すといった目的があれば、やる意味があるが、ただ義務で片付けるのは時間の無駄だと考える。


 座持ちがよく社交的なので、よく座の中心にいる。当意即妙の受け答えにたけていて、冗談がうまいので、一緒にいると楽しい。

厄介な仕事に取り組んでやり遂げる力、どんなことでも少なくとも一度はやってみようとする。

怖いもの知らずのところ、そして旺盛な競争心があるので、問題の解決役になり、面白い課題に取り組む時には頼りになる。

だが、仕事をルールにのっとってやらず、決まりきった仕事になると興味を失い、飽きてしまって環境を変えたくなる。


 このタイプに付きまとうジレンマは、決まった手順やノルマをよく忘れてしまうことだ。

そのためにしょっちゅう目上の人ともめる。ことさら権威に逆らい、その正当性を試して喜ぶタイプもいるが、 ESTP型はそうではなく、ただ権威を気に留めないだけなのだ。

仕事や問題を前にすると、決まった手順があるかどうかをまずチェックせずに、やり遂げる方法がないかと考え、とにかくやり始めてしまう。

その結果、本人は良いことをしているつもりなのだが、ほかの人たちからはそうは受け止められず、結局は「トラブル・メーカー」といわれてしまう。

悪気のないESTP型はヒーローになれず、失敗に終わる。

ただ幸いなことに、失敗してもESTP型はあまり自分を責めたりせず、別のことに目を向ける。


 ESTP型の女性は運動、それも一対一で競うスポーツに熱中するタイプだ。

その性向に逆らわずに振舞うと、おてんばと見られてしまう。いかもだめでもともとと、突進するところが、社会の女性観から外れているので変わり者に思われる。


 ESTP型の生活スタイルは落ち着きがない。

いつもやりかけのことがあり、その上にまだやることがあって、時間が足りない。
しかも、そういう状況を楽しんでいる。

運動会、夏休みの終わり、就職、良い成績を取ったなど、どんな出来事でもパーティーの口実になる。

そうした行事の準備にいそしみ、率先して参加するが、ときにただせわしいだけで終わってしまう。

自分が中心でないと気がすまないし、理屈やくどい説明をもどかしがるので、ほかのタイプの人はいらだたしく思える。


--------------------------------------------------------------------------------
親子関係
--------------------------------------------------------------------------------
 ESTP型の親は子どもに非常に現実的な期待をかけることが多い。
優等生になったり大学に進学することを求めるのではなく、生活に根ぎした建設的で実際的なことをやってほしいと願う。

もっとはっきりいうと、楽しく暮らせることを見つけてほしいと思っているのである。


 ESTP型の子どもはひどく誤解される。

いわゆる「異常に活発な」子とか「覚えが悪い」子といわれる。
こうした興奮しやすい子どもは、問題児は「おとなしくさせる」べきだと考えるタイプの親と対立することが多い。

実際には、とても独創的で創造性豊かなのだが、もっとふつうの行動をとるよう強制される。

抑えつけるのではなく、上手に導くと、なんでもうまくやれるのだ。

--------------------------------------------------------------------------------
当たってる?

« 本 | トップページ | 本 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/997/1171663

この記事へのトラックバック一覧です: タイプ別性格判断:

« 本 | トップページ | 本 »